脱毛の特徴と予防

悩む中年女性

ヘアサイクルが正しくなる

自分で脱毛対策をするときに役立つのが、発毛剤や育毛剤などです。発毛剤は医療品であり、高度な医療成分が配合されています。育毛剤は化粧品の一種ですが、特許取得の独自の育毛成分を配合しているものもあります。育毛剤は発毛剤よりも手頃な価格で購入できます。発毛剤や育毛剤を毎日頭皮につけると、抜け毛が減って丈夫で太い毛髪が育つようになります。毛髪にはヘアサイクルというのがあり、成長期、退行期、休止期というひとつのサイクルが繰り返されています。成長期の期間が短くなると、抜け毛が増えます。発毛剤や育毛剤には、ヘアサイクルが正しく機能するように治す効果があります。ヘアサイクルが正しく回ると、抜け毛が減り、新しい毛髪が生えてくるようになります。

男女の薄毛の特徴

脱毛は男性と女性で特徴が違います。男性の薄毛にはM字タイプとO字タイプがあります。M字タイプは額が徐々に広くなっていく症状で、O字タイプは頭頂部が薄くなっていく症状です。M字とO字両方同時に発症するケースもあります。男性型脱毛症を発症したほとんどの人が、程度の差はあれどM字かO字になります。女性の薄毛の場合、髪の毛が細くコシがなくなり、ボリュームがなくなっていきます。分け目の地肌が目立ってくるのも女性の薄毛の特徴です。部分的に脱毛するのではなく、全体的に薄くなっていくので、気が付いたときにはすでにだいぶ薄毛が進行しているケースもあります。男性でも女性でも、何も気にならないうちから発毛剤や育毛剤で対策を心がけることが大事です。